LIB Library 19冊目

Author : yabashi_LIB-rary | TimeStamp : 16:36 | - | -

この企画、ずっと放置していました・・・

約半年ぶりの更新です。

今日ご紹介する本は、森田芳和著『プロジェクト写楽』です。



私もまだ読んでいる途中ですので、総括はできませんがなかなか面白い。
謎の浮世絵師・写楽の謎をビジネス戦略から紐解く内容になっています。浮かんでは消える写楽の実像が面白い形でうかびあがってくることで今までにない写楽論として非常に面白い内容です。
おすすめです。

LIB-rary 18冊目

Author : yabashi_LIB-rary | TimeStamp : 19:07 | - | -

こんにちは、矢橋です。

今日ご紹介する本はアップルCEO・スティーブ ジョブズ(先日再入院のニュースもあり非常に心配ですが・・・)の講演からそのプレゼンの凄さをひもとく『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン・人々を惹きつける18の法則』です。
年明けにあった同窓会で約10年ぶりにあったコピーライターの友人が超プッシュしていた本書。中身はプレゼン指南書というよりは、スティーブ・ジョブズが発する言葉に注目した本です。「言葉」を大事にし、彼の発する情熱のかよった言葉がなぜ人々を惹きつけるのかを劇場型といわれる彼のプレゼンを通して解説してあります。
またアップルが目指すデザインと使いやすさが生み出す理想の快適性をiphoneやiMacなどの開発を通じて俯瞰できるので非常にわくわくさせられます。

アップルを使いだしてはや10年ほどたちますが、ジョブズの打ち出すデザインの先にある幸福や快適さにやられているようです。
iphone、ipod、MacbookPro、AppleTV・・・気がつくと自分の周りはアップルに囲まれていました(笑)
こういうモノづくりの姿勢は見習わなければ。とつくづく思いました。

LIB-rary 17冊目

Author : yabashi_LIB-rary | TimeStamp : 18:52 | - | -

最近まったく更新していなかったLIB-raryですが、年をまたいで久しぶりの更新です。
今日は年末年始で時間もあってか結構本を読む時間もありましたのでその中から一冊ご紹介。
今日ご紹介する本は美術批評家の椹木 野衣さんの『反アート入門』です。

近代以前の神や宗教と寄り添って反映してきた「美術」がある時期を境に「アート」へと変貌していきました。「アート」という概念はそれまでの美術自体の解体や再構築を繰り返しながら美術史に新たな一ページを記しています。近代から現代、近代以前など美術史を交錯させながらバランスの良い美術批評本です。現代アートってわかりにくい・・・と思ってらっしゃるかたには特におすすめの入門書☆

LIB-rary 16冊目

Author : yabashi_LIB-rary | TimeStamp : 23:54 | - | -

こんにちは、矢橋です。

まだまだ残暑が続いていますが、「暑さ寒さも彼岸まで」といいますのでもう少し経てば涼しい季節になることを待ちましょう。
読書の秋ということでLIB-raryには持ってこいの季節。
今日は先日余談としてとりあげました『これからの正義の話をしよう-いまを生き延びるための哲学-』をご紹介。

ハーバード大学教授マイケル・サンデル氏の超人気抗議「正義(Justice)」をもとにした本で、アメリカではベストセラーを記録した一冊。すでに日本でリリースされるや書店でも上位にランクインされる人気ぶりです。
内容は経済・法律・戦争など現代社会(特にアメリカ社会)がかかえる諸問題に潜む、一種独特の歪さを古典から近代の哲学者たちの思想論理と重ね合わせることで解析する本。
「自由」や「正義」という一見頑丈な理論武装がもつ危うさを非常に分かりやすくエスコートしてくれる本書。より多くの「自由」や「正義」が叫ばれる時代になった現代において、どのように世界を俯瞰すればよいか、誰のための「自由」や「正義」なのかを考えさせられる非常によくできた本です。
おすすめです。

LIB-rary 15冊目

Author : yabashi_LIB-rary | TimeStamp : 17:54 | - | -

 こんにちは、矢橋です。

気がつけばLIB-raryも久しぶりの更新になりました。
今日ご紹介する本は今や世界的な大作家・村上春樹氏の『象の消滅』です。



元はアメリカで出版されたものを日本に逆輸入という形でリリースされた本作は春樹ワールドが濃密に詰まった一冊になっています。本棚に眠っていたのを見つけ最近また読んでいる最中ですが、読めば読むほど味が出るといった感じです。
高校生の頃、文学少年だったT君が貸してくれた『パン屋襲撃』が集録されていたのが◎(個人的ではありますが)思い入れのある一冊。T君元気にしてるかなぁ(笑)
ともあれ、村上春樹の本をまだ見たことない方にも愛読者にもおすすめできる一冊です!

モダンリブについて

わたしたち「モダンリブ」は熊本の住宅ブランド。洗練された美しい暮らしをテーマに「デザイン性」と「機能性」を追及。モダンリブならではの間取りとデザインで「お洒落で暮らしやすい家」を創ります。
モダンリブウェブサイトはこちら

LATEST ENTRIES

AUTHORS

ARCHIVES

META

SEARCH